2013年03月24日

マケドニア3日目 古代劇場

2012年10月3日(水) 古代劇場@オフリド (バルカン旅行5日目)

聖ソフィア教会から ILINDENSKA という急勾配の道を上っていくと、
ローマ時代の円形劇場があります。休み休み上がりました。(^^;


1.JPG

途中で民族衣装のお土産屋さんを発見。

マケドニアの後に行ったアルバニアにも同じような民族衣装があり、マケドニアとアルバニアで
デザインにどういう違いがあるのか最後まで分かりませんでした。


2.JPG

出ました!すんごく古い車。両方ともザスタバです。


3.JPG

古い車その2。これも全部ザスタバですね。というか、横転している赤い車は一体何なんでしょう?


4.JPG

途中で横を通った教会は閉まっていました。もう夕方だし当然か。
名前はSveta Varvaraとあるので、聖バルバラ教会ですね。

・・・と、ここで初めてバーバラ(Barbara)という名前が聖人の名前だったんだな~と気づきました。


5.JPG

やっと古代劇場に着きました。手持ちの地図の説明では2000年前に作られたとありますが、
ウィキペディア英語版では紀元前2世紀頃だそうな。

見て分かるように、ものすごく古くて、崩れた周囲はそのまんまというアバウトな感じです。


6.JPG

階段を上がってみました。ここはサマーフェスティバルの会場にもなるそうな。


7.JPG

観客席の方からオフリド湖の方を向いたところ。ステージが何とも雑な感じです。


8.JPG

振り返ると教会の搭も見えます。

あの教会、ガイドブックには聖クリメント教会と紹介されていますが、現地の地図では
Church Mother of God Perivleptos」と載っていて、さらに別の教会の所に
聖クリメントの名前が使われていて、現地でとても混乱しました。


9.JPG

古代劇場は旧市街の結構上に位置しているので、ここまで来ると湖が良く見えます。

と、その時、ゾロゾロと歩いてくる団体の観光客の方々と遭遇しました。
何語を喋っているのかサッパリ分かりませんでしたが、ちょっと年配の団体さんでした。


10.JPG

そのうちの陽気なおじさん2人が、ステージで何やら寸劇を始めました。
どうも男女の愛情物語のようです。吉本新喜劇か。最後にキメポーズで拍手喝采。


11.JPG

が、そこに一匹のが登場。バルカンの猫は態度がふてぶてしい。(猫ってやっぱりどこでもこう?)


12.JPG

団体でダンゴのように固まってウロウロしている人間どもの中でいきなり眠り出すお猫様。
愛想は悪いし、オマエは仲間に入りたいんか、それとも構って欲しくないんか、どっちやねん!(笑)

なんだか、オフリドの猫はあまり警戒しない気がします。


posted by サラミ at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 12マケドニア・コソボ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。