2012年11月08日

ブルガリア1日目 ソフィアへ出発

2012年9月29日(土) ブルガリアのソフィアへ出発

今回のサラミ家の旅は、

img_1055803_31457259_0.jpg

上海 → ブルガリア → マケドニア → コソボ日帰り → マケドニア → アルバニア → イスタンブール → 上海

であります。バルカン半島でも南部はさらにマイナーなので、再び地図を載せてみました。

出発は正確には28日(金)の深夜。
9月28日というと、激しかった中国の反日デモから10日しか経っていません。

本当はタクシーでも大丈夫だと思ったのですが、空港まで車で約1時間と遠いのに、
「日本人か?乗せたくないから降りろ。」
なんて荷物と一緒にほっぽり出されたら本当に困るので、仕方なく地下鉄で空港まで行きました。

時間かかるのに、金曜の夜だったのでほとんど座れず、空港に着いた頃にはすでにグッタリ。

飛行機は毎度おなじみのアエロフロートですが、
チェックインまで長蛇の列で待たされる待たされる・・・。さらにグッタリ。


1boeing.jpg

機材はまたしても古いボーイング767。いつもと同じくモスクワで乗り継ぎです。
上海⇔モスクワ便は1日2便あり、もう一機の方が新品のエアバスです。

でも、この深夜便でヨーロッパに行くと1日目の昼に現地に到着するのです。

ということで、あえて選んで乗ったアエロフロート。

2food1.jpg

機内食はやっぱり中華。去年から中華。昔は洋食だったのに。


3food2.jpg

一方、こちらはビーフストロガノフみたいなヤツ。左奥のゼリーが激しくマズイ。

私は風邪が治りきっていなかったので、点鼻薬やらのど飴やらマスクまで用意。
でもあんまりよく眠れませんでした。だって、食事の時は強制的に起こされるし。


4food3.jpg

機内食その2。時間的に朝食なのだから軽食でいいのに。


5food4.jpg

グニュグニュの麺。オレオは去年も出てきたな。

ひょっとしたら、2食ともドッサリ出てくるのは中国人客からの要望なのかも知れません。
彼らならいくらでも食べるはず。

そんなこんなで、遅れることもなく無事モスクワに到着しました。


6airport.jpg

1年ぶりのシェレメチェボ空港ターミナルF。通路が狭くて人が多い。


7timetable.jpg

昔より電光掲示板が見やすくなりました。パナソニックがんばれ!
私達の次のフライトは10時発のSU2060便です。

ブルガリアもロシアと同じくキリル文字です。これが読めなければ話になりません。
ガイドブックにもキリル文字⇔ラテン文字(ABC)変換表が載っているので、
できるだけ覚えておいた方がいいです。


8plane.jpg

悪天候の中、乗り込んだソフィア行きは小さな飛行機でした。


9sukhoi.jpg

それもそのはず。機材はスホイ・スーパージェット100
アエロフロートの中でも一番小さい部類。(というか一番座席数少なかったような。)
ソフィア行きは人気がないようで、満席ではありませんでした。

ちなみに、スホイ・スーパージェット100は、今年の5月、
大売出しのためインドネシアでデモ飛行中に墜落したのと同型機です。

ソフィア行きはこれしか飛んでないので仕方ないですね。

それにしても本当に小さな機材で、シートは2-2だったと思います。

大柄な人が多いせいか座席の横幅はまだゆったりしていますが、
ピッチが狭くて足の長い人は大変です。


10front.jpg

およよ。操縦席のドアが開いてますぜ。


11food.jpg

ソフィア行きの機内食は軽食でした。仕方ないけど少し物足りない。

そんなこんなで予定通り、11時頃にブルガリアのソフィアに到着しました。


12immigration.jpg

そして入国審査。ほとんど待たずに順番がきました。マイナーな国は空いてていいねぇ。

私達は結構あちこち旅行していますが、本当に久しぶりに「来た目的は?」と聞かれました。
観光客がとても少ないのでしょうか。でもその後はすぐブルガリア入国!(^^)v

琴欧洲の国だ~!明治ブルガリアヨーグルト~!

さあ、荷物を受け取って、いざソフィア市内へ!




posted by サラミ at 19:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 12ブルガリア | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。